Planning Flow

Philosophy

設計への取り組み

松本アトリエは、建築設計及び監理業務を中核に、施設建築に付帯する各種調査、ランドスケープデザイン、コンサルティング、デベロップメントを統括し、建築プロジェクトを連鎖的に推進します。
金融機関施設、ディラー施設、宿泊施設などの商環境施設計画、教育施設を中心とした公共施設計画を主要として活動し、多角的なプロジェクトの解析を実践しています。
また、個人住宅計画や再生建築では、ユーザビリティやデザイン性の確立を計画エリアの環境文脈にも求め、地域の気候風土や生活スタイルを摂取した独自性を重視しています。
クライアントの視点に立ち、経験と実績に基づく確かな恊働力で、共に高度な建築プロジェクトを具現し、新たな施設環境の創出に取り組んでいます。

Planninng Flow

業務フロー

建築計画のお問い合わせ・ご相談

ご要望をヒアリングさせていただき、建築計画の方針を策定します。商環境や産業施設、個人住宅など、領域に則した基盤コンセプトを軸に、多視点的なプロットを展開します。また、建築費や資金計画、土地取得など、建築計画に伴う課題案件へのアプローチと、その解決方策を検討します。

arrow

建築用地条件の把握

建築計画の基本プロットをご承認の後、現場確認を実施します。ビジネスレベル、個人ユースなどを問わず、建築を取り巻く環境要素の解析は、計画全体の質を決定付けます。用地などが未決定の案件については、プロジェクトチームを編成した取得対応も展開します。

arrow

建築計画業務のご契約

建築用地条件の把握が完了後、建築計画のご依頼契約へと進みます。建築計画業務は、「基本構想・資金計画策定業務」、「基本設計業務」及び「実施設計業務」、施工時の「工事監理業務」で構成されます。

arrow

基本構想・資金計画策定業務

現地環境の解析結果を踏まえ、建築計画の概要をプランニングします。
ご要望及び建築環境に合わせた着実な計画構成を組み、コンセンサスを重ねます。また、並行して、計画概要から概算のご予算を提出し、設計業務から竣工までの資金計画について協議します。

基本構想報告書(施設概要/施設規模/建築用地条件/関連法規:建築基準法・都市計画法・条例等/施設構成策定/資金計画:概算事業費・助成・融資等)

arrow

基本計画策定業務

基本構想に基づき、施設の基本計画を策定します。施設の用途、展開される事業内容や運営方針、意匠、構造など、諸条件をもって建築空間を設定し、基本計画図を作成します。プロジェクトの内容をこのフェーズで確定し、全体のスケジュールを提出します。

基本計画報告書(基本計画図/工程表/成果目標/業務内容)

arrow

基本設計業務

施設の空間構成を平面図や立体モデルにより可視化、検討しつつ、基本設計図書を作成します。敷地利用、建築物本体の意匠・構造・設備、施設の部分プラン、インテリア、外部環境・景観、インフラ・エネルギーなど、各計画を綿密な検討協議のもとで進めます。また、このフェーズでの確定事項により、関連官公庁との事前協議、施設開設の手続きなど、必要な公的コンセンサスを開始します。

基本設計図書(基本設計説明書/基本設計図:構造計画・設備設計・インテリア設計・ランドスケープ設計・省エネルギー設計/工事費概算書/工事工程案)

arrow

実施設計業務

基本設計作業から、工事用の設計図の作成に移行します。業務の進行に伴い、施設の機能、デザイン、設備、工事費などに生ずる各課題を調整し、プロジェクト全体を統括して操作します。また、商業、産業、医療・福祉、教育施設など、事業運営に部門が設置される場合などでは、部門別の運営エリアの計画と部門の責任者、担当者が要求するユーザビリティを詳細に突き合わせます。これらに並行して、造作ファニチャー類、施設内外の空間環境のデザイン要素(仕様・カラーリング)、設備機器、備品などを随時決定します。実施設計図書は、このフェーズ後に施主へ提出され、次の工事費見積り工程への準備が進められます。

実施設計図書(建築設計/構造設計/設備設計/インテリア設計/ランドスケープ設計/省エネルギー設計)・工事予算書・許認可申請(建築確認申請/各種事業付帯申請)

arrow

工事契約支援業務

工事費見積りに参加する工事業者へ、施主側から工事内容を正確に伝達するために、工事発注方式・業者選定方式の策定、現場説明、質疑応答など、各作業を支援します。参加工事業者から見積書が提出された後は、各事業者の技術力や工事金額など、提出書類の査定検査を行い、工事施工者の決定を適切にサポートします。決定した施工者は、発注図面の確認、着手関係書類の提出、工程・工期、工事代金支払条件などの諸事項を確定し、施主と工事請負契約を締結します。

工事施工者選定支援(発注方式/選定方式)・見積用図書(現場説明書・質疑応答書)・見積検討書(工事見積書の査定)・工事契約書調印

arrow

工事監理業務

設計図書に基づいた的確な施工と、工期に従った工事完了を厳密に推進するために、工事監理を行います。使用する材料や機器類の仕様、施工品質などの随時確認と、追加・変更工事などに伴う設計や工期の変更、工事金額の変動の調整を実施します。工事完了時では、施主及び施工者との完成検査、監督官公庁の完了検査及び建物引き渡しへの立会を行い、プロジェクトの設計・工事フェーズは終了します。

監理方針策定/監理方針説明会/工事監理(工事運営・工程管理・施工管理・設計変更図・材料選定・工事費査定・色彩計画)/工事完了確認検査

arrow

アフターケア

工事完了後は、主に施設のユーザビリティを中心とした一定期間のサポートと、1年経過を基準とした経年調査を実施します。経年調査は、施工者立会で行われ、その結果を踏まえて、長期修繕計画を組み立てます。瑕疵などの問題発生時には、施工者の対応をフォローし、メンテナンスを行わせます。

 

お問い合わせ

お問い合わせ・ご質問等は、お問い合わせフォームより、お気軽にご連絡ください。

otoiawase